検索
  • nakarakaneko04

障がい者就労支援事業A型 株式会社なから           『風まかせ』

長野市青木島にある、障がい者A型就労支援施設「株式会社なから」です。

当ブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。季節は進み、11月も終えようとしています。当施設のある長野市は、山では雪も降り秋はあっという間に過ぎ、冬の空気が立ち込めております。


紅葉と、雪化粧とのコントラストが美しい季節になりました。

皆さんは体調など、いかがお過ごしでしょうか? 私はといいますと、3週間ほど前に風邪をひいてしまい、仕事も1日2日休んでしまうこともありました。今でも少し咳が出ますが、毎日元気に出勤しております。


さて前置きはこのくらいにして、私が最近気づいたことなどを書いていきたいと思います。 私の家の近所に、飼い猫なのか野良猫なのかは分かりませんが、1匹の猫さんがいて、ときどき私の家にも顔を出してくれます。

この猫さん、とても人に慣れているのかすごく人懐っこく、すぐにへそ天をしてきてモフモフしろと言わんばかりの無防備な体勢をとってくるのです。きっと野良猫ではなく、飼われている猫さんなのでしょう。





この猫さんの行動に対して、あることを思いました。。。

それは私が以前通っていたとある施設での話です。私は障がいの特性上、被害妄想がときどき顔を出しては、モヤモヤすることがあります。ある時その施設のメンバーとコミュニケーションが取れず、スタッフに仲間外れにされているように感じることを訴えました。その時にスタッフから言われたのが、自分で壁を作り、一人の世界に閉じこもっている。と指摘されたのです。


確かに他のメンバーさんとコミュニケーションを取ることもなく、みんなから離れた場所に一人でいたり、スマホを黙々といじっているばかりで、近づくなオーラを出していたのかもしれません。


そんな折、今回の猫さんの全てを委ねる姿勢をみてひとつのことを悟りました。元々過去の経験から、人のことを信じることができなかった私が、猫さんの私を信じて身を委ねる様子により、凍っていた心が溶かされたような気がしました。


もちろん、「なから」を利用している現在では、メンバーやスタッフのことを信じられないとは思いません。みんな和気あいあいと、毎日の作業に勤しみお互いの得手不得手をみんなでフォローしあって仕事をしております。


「大丈夫、この人たちなら信じられる」 いまなら、あの猫さんのように風のようにすべてを委ねて、毎日を有意義に過ごせそうです。弊社は4月からスタートした新しい企業です。


「なから」ではシャインマスカットの生産を行っております。これから、冷蔵のシャインマスカットも販売予定となっております。また、野菜・ユーカリを使用したリース、ハーバリウムなど、多岐に渡る活動をしております。


他にもたくさんの作業が盛りだくさんです。 最後になりますが、私やメンバーの皆さんのブログを見ていただきありがとうございました。

「なから」にご興味を持たれましたら下記番号よりご連絡をお待ちしております。 TEL026−254−7523 お問い合わせお待ちしております。

閲覧数:78回0件のコメント