検索
  • nakarakaneko04

障がい者就労支援事業A型 株式会社なから           『なからに通所するようになった経緯と初任給の話』

長野市青木島の障がい者A型就労支援施設『株式会社なから』です。


さて、私が担当する初回の記事と言うことでなにを書いたものかと悩んだのですが、

まずは自己紹介辺りが安定かなあと思いここに通所するようになった経緯などを書きたいと思います。


私が発症したのは大学時代。色々と辛かったりおかしなことが続いたりと長々悩んだ末にかかることに抵抗があった精神科医にかかった結果、統合失調症と診断されました。 今となってから分かるのですが、幻視、幻聴のようなものは精神科にかかる大分前から頻繁にあったように感じます。


それでも無理を続けて大学院までは行ったのですが、無理を通したからと言って統合失調症が楽になるはずもなく、研究室の教授に勧められ大学院を自主退学する運びとなりました。


それからは実家である長野市に帰って半引きこもりのような生活を数年間。

いい加減、統合失調症はここまで来たら一生モノとして付き合う覚悟も出来まして就職活動を始めたのですが、職歴がまっさらなわけですから障害者枠でも雇ってくれるところもなかなか無いわけですね。


そこで市の障害者職業センターやハローワークの職員の方に相談をした結果、こちらの『株式会社なから』を勧められまして、自宅からの距離も希望する職種である事務職に近い経験を積めることや自宅から比較的近いこともあって体験や面接などの後、通所する運びとなりました。




さて、自己紹介が長々となってしまいましたが、先日、給与明細をいただきました。

学生時代にバイト経験はありましたが日雇い派遣や短期のものがメインでしたし、長野市に帰ってきたあとは雇用契約を結んでの仕事などをしてこなかったわけですから、ちゃんとした給与明細というものをいただいたのは実は人生で初めてだったりします。


こういうものをいただくと「ああ、ちゃんと働き始めることが出来たんだなあ」としみじみと実感します。これからも学生時代のような無理はせずに精神状況に気をつけながらほどほどに頑張りつつ働きたいと思います。

さて、業務内容にほとんど触れない記事ではありましたが、少しでも興味を持てていただいて見学をしたいと感じましたらお気軽にご連絡ください。


電話番号はこちら→TEL:026‐254‐7523

閲覧数:74回0件のコメント